保護者・指導者の方へ

右側の図形を見て、立方体が何個あるかを数える練習です。

裏側にかくれている立方体の数も数えますので、どうしてもわからない場合は、実際に立方体の積み木を使って同じ形を作ってみることをおすすめいたします。

『積み木のれんしゅう1』との違い

『積み木のれんしゅう1』では、積み木の数だけ「○」をかくだけでよかったのですが、このプリントでは、数字をかくことになっています。

しかも、解答で書く数字は13~25になっています。

まだ数字はかけない場合は、保護者又は指導者の方が、解答欄に数字のなぞりがきを作ってあげるなどのフォローをしてあげてください。

数え方

こういう積み木の問題では、数え方に特段のコツというものはありません。

はっきりと言えることは、「右から左」「下から上」のように、好みのパターンを作り、その規則性にのっとって毎回数えるのがよいでしょう。

積み木を数える方法が気まぐれでバラバラなのはよくありません。

 

いくつ あるかな?(つみきの れんしゅう2)

まとめて

 

こたえ

その他の幼児向けプリントはこちらです

幼稚 知育教材一覧

コメントはお気軽にどうぞ

 

 

 

おすすめ記事