『あがっちゃうワーク』という国語教材を作成し、先週より教室での運用を開始しました。

対象学年は、小学4年生以上です。

変なネーミングです。

一体何が『あがっちゃう』のか。

いろいろ『あがっちゃう』ので、すべてを盛り込むとすごい長い名前になってしまうため、短縮してこのような名前になりました。

このワークに取り組むことで『あがっちゃう』4つの要素
1 国語テストでの得点力
2 国語のテストに立ち向かう気力
3 小学生に必要とされる語彙力
4 やる気

なぜこの4つが『あがっちゃう』のか、すべてを解説するとあまりに長くなります。

この4つが『あがっちゃう』ための、緻密な配慮が散りばめられているワークであるとだけご理解ください。

とは言え、中身について何の説明もないのもよろしくないと思いますので、1点だけ特徴をご説明いたします。

その特徴とは、

可能な限りふざけた内容にしている

という点です。

こんなふざけた国語の読解問題集は見たことがない

というくらいふざけています。

 

だから、生徒は面白がってどんどんやってくれます。

「もっとやりたい」

と言ってくれます。

これこそが私の一番の狙いです。

楽しみながら、数をこなすことで、知らず知らずのうちに力がついている。

これが私の目指す理想です。

中味はすべて私が執筆したオリジナルの文章に、オリジナルの問題をつけています。

一見簡単そうに見える設問ですが、これまでの教材作成の経験に合わせ、収集したテスト問題の傾向を参照しています。

したがって、国語のテストで出題されるさまざまな問題形式を網羅しています。

しばらくは、毎週月曜日に7題ずつ追加します。

小学4年~6年生で、国語テストの得点力で悩んでいる人は、ぜひ取り組んでください。

最初は、「こんな簡単な問題を解いて、意味あるのか?」と思うかもしれませんが、継続は力なりです。

必ず、効き目が表れます。

自信がついたら、その時点で上位学習に切り替えましょう。

詳しい説明はコチラ

おすすめ記事