国語の鍛錬4-1では感情を表す言葉を勉強します。

感情表現は、「うれしい」「たのしい」などの単純な表現だけでなく、もっと複雑な表現も学ばなくてはなりません。

たとえば、「うれしい」という言葉を使わずにうれしさを表現するにはどうすればよいか、などです。

ここでは、簡単な作業を通していろいろな感情表現について学びましょう。

 

 

おすすめ記事