『四字熟語テスト』は、単に四字熟語を覚えるだけのプリントではありません。

この勉強の仕組みには、勉強する人が得られるたくさんのメリットがあります。

学習を始める前に、一度はここを読んでみてください。

1.勉強の順序

『四字熟語テスト』は次の順序で勉強しましょう。

①漢字を見ながら「すらすら読む」。

「読み方」はちら見してもかまいません。

なるべくつまらないように、読みましょう。

②「読み方」をかくして読む

「読み方」をかくしてすらすら読めるように練習しましょう。

③「意味を見て四字熟語を言う」

真ん中の点線で紙を折り曲げるか、右半分をかくすかしましょう。

意味を見ながら四字熟語が言えるかやってみましょう。

④書き取りテスト

①~③が出来たら「書き取りテスト」に挑戦しましょう。

ここで「書き取りテスト」の用紙を見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番下が「1回目」になっています。

「3回目」までチャンスがあります。

テストの注意点
注意1:全部書けなくてもかまいません。
注意2:テスト前の練習時間は、タイマーで区切りましょう。
注意3:練習時間は2~3分がおすすめです。

 

⑤おさらいテストを作ります

3回目のテストでも書けなかった四字熟語や、書けたけどまた書ける自信がない四字熟語は、「練習用テスト」にメモをしておきましょう。

「練習用テスト」がたまってきたら、自分でおさらいテストをやってみます。

覚える勉強で一番大切なことは「おさらい」です。

1回書けたぐらいで覚えたつもりにはならず、念入りにおさらいすることで得意になっていきます。

 2.よくある質問

よくある質問 その1

「習ってない漢字がたくさん出てきて難しいです」

たしかにそうですね。小学校・中学校で習わない漢字がたくさん出てきます。

しかし、よく考えてください。

私たちの身の回りには、習っていない漢字であふれています。

だから、「習っている」「習っていない」を気にせず、どんどん覚える態度を身につけましょう。

「習ったことしかできない人」にならないためにも、習っていない漢字を覚えることは大切です。

 

よくある質問2

「これを勉強して学校の成績は上がりますか?」

上がるとも言えますし、上がらないとも言えます。

学校の勉強に直結している内容ではないので、「即効性」はありません。

しかし、これからずっと続く勉強にとって、この『四字熟語テスト』を勉強することは無意味ではありません。

 

よくある質問3

「なぜ7つずつなのですか?」

5こずつでもよかったし、10こずつでもよかったのですが、間をとって7つにしました。

大きな魚でも、切り身にすれば食べられるように、

たくさんの言葉も、何こかずつに分けると覚えるのが楽になります。

そのとき、何こずつにするのが最も良いのかは、勉強する人によって違います。

10こずつでも楽勝な人もいれば、7つずつでもちょっときつい人もいます。

7という数字は「マジックナンバー」と言われています。

曜日や虹の色など、人間は7までだと同時に認識しやすいとされています。

まとめ:四字熟語テストを勉強して得られる3つのこと

①語彙力が向上する

勉強する人にとって、言葉をたくさん知っていること=語彙力は大切な要素です。

普段から、新しい言葉、難しい言葉を覚えようとしている人と、そうでない人で、将来的な学力の差が大きく開くことは容易に想像がつきます。

②言葉を覚え訓練をしてコツを身につける

「読み方」から初めて、「意味」を理解し、さらに書けるようになるという流れを繰り返すことによって、言葉を覚える訓練になっています。

それを繰り返すことで、自分の中での「覚えるコツ」がつかめてきます。

これは、四字熟語だけでなく、英単語や社会・理科の用語を覚えるときにも使えます。

③習っていなくても身につけるマインド

学校で習わない、テストに出題されない、しかし身につける。

こうした心構え(マインド)で勉強に向かうことで、これから身につける学力に広さと深みが出てくることでしょう。

 

この四字熟語のテストは、勉強するコツとマインドの両方を育てる教材です。

ぜひ、じっくり取り組んで、完走してください。

『四字熟語テスト』一覧

おすすめ記事