和歌と読み方

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 

吉野の里に 降れる白雪

 

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき

歌の意味

明け方のうす明かりを吉野の里にふり積もる雪がてりかえす、まるで有明の月が出ているかのようだ。

ぴよまろ
有明の月って前にも出てきたような……

ぴよ先生
「夜が明けて、明るくなってきたのに、まだ西の空に残っている月」のことでした。有明の月はこんな感じで見えます。

 

 

ぴよ先生
ただし、この歌には有明の月はありません。

ぴよまろ
ありませんって
「有明の月」ってちゃんとかいてるけど?
「ある」のに「ない」ってどいういうこと?

ぴよ先生
たしかに、「有明の月」とは書いてあります。
しかし、よくよく見てみると
「有明の月と見るまでに」
と書いています。
これは
「まるで有明の月があるかのように(雪をてらしている)」
という意味です。
つまり、実際には、有明の月は出ていなくて、
雪をてらしているのは「朝ぼらけ」の光なんですね。明け方のうっすらとした光を「有明の月」にたとえて
白い雪のほの明るさを幻想的(げんそうてき)に表現したみごとな歌です。
さすが、作者の坂上是則(さかのうえのこれのり)三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)の一人に数えられるだけのことはあります。

ぴよまろ
ZZZ……

ぴよ先生
いま寝とったじゃろ……

ぴよまろ
寝てなんかいないよ。
先生の話に夢中になるあまり、ふと気がついたら夢の中にいたよ。

ぴよ先生
そういうのを「寝る」というのです。

ぴよ先生
ところで、「三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)」も何人か出てきたので、
ここいらでちょっとまとめます。気になる人は、下のリンクから「三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)」のまとめに行けます。

ぴよまろ
おしまいっ♪

ぴよ先生
こらこら
勝手に終わらせないで

ぴよまろ
まだ、なんかあるの?
まろはもうねむねむだよぉ

ぴよ先生
「朝ぼらけ」の説明が終わって……な、なんですか?ぴよまろさん?

ぴよまろ
「朝ぼらけ」は夜明け前の言い方の1つだよ
「あかつき」→「しののめ」→「朝ぼらけ」→「あけぼの」→「日の出」
がすすむほどだんだん明るくなるよ。下の写真は「あけぼの」くらい。だから、「朝ぼらけ」はもうちょっと暗いよ。

ぴよ先生
なんと!
そんなにすらすら言えるなんて
ぴよまろさん、いつの間にお勉強してきたのですか?

ぴよまろ
おしまいっ

ぴよ先生
うむ……
いいでしょう。
今日はおしまいにしましょう。

ぴよまろ
やったぁ♪
ぴよまろ、かしこい
【おしまい】
おすすめ記事