朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

読み方「あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき」

明け方、すこし明るくなってきた頃、まるで有明の月かと思うほどの、吉野の里に降りつもる白雪だなあ。

ひいひいおじいちゃんがすごい人

 坂上是則(さかのうえのこれのり)さんは、平安時代初期の歌人で三十六歌仙の一人です。

 またまた出ました、三十六歌仙

 そろそろ三十六歌仙をまとめておきましょう。

 この坂上是則さんは、

ひいひいおじいちゃんが平安初期のスーパースター

坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)です。

 坂上田村麻呂征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に任命され、東北地方を平定した超有名人です。

 後に、征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)は、

「武士の中で一番偉い人」

 の意味になりました。

朝ぼらけ

第2回のときにこんな説明をしています。

 お話の最後に、ちょっと言葉の豆知識です。

「あかつき」太陽の登る前の、ほの暗いころ。東の空にうっすらと青みがさすころ。

「しののめ」夜が明ける前に、東の空が明るくなってきたころ。

「あけぼの」夜の明けはじめ。

 すべて、夜が明ける前の表現です。

 「あかつき」→「しののめ」→「あけぼの」→「日の出」

という感じです。はっきりとした切れ目はありませんが、こんな言い方もあるのですね。

「朝ぼらけ」は、この中で言えば「しののめ」と「あけぼの」の間くらいです。

有明の月と見るまでに

 意味は「有明の月かと思うくらい」です。だから、この歌が詠まれたとき、実際に月は出ていません。

 降り積もっている白雪が、「朝ぼらけ」のうっすらとした明かりを受けるようすを、

「まるで有明の月が照らしている世界のようだ」

と言っています。とても幻想的な世界を詠んだ歌なのです。

吉野の里(よしののさと)

 今の奈良県吉野郡にあたります。奈良県のちょうど真ん中あたりです。

 真ん中から下は紀伊山地(きいさんち)と言って奥深い山になります。

 そんなわけで、吉野の里は、都会よりも春が遅めにやってきます。

 平安時代の初期のころは、「吉野の里」「吉野の山」というのは

「雪」のイメージ

 が強くありました。

 平安時代になって、この地方にたくさんの桜が植えられ、やがて桜の名所となっていきます。

五色百人一首の順番で連載を進めています!

 五色百人一首 大会公認札

五色百人一首 きまり字つきセット

おすすめ記事