和歌と読み方
いにしへの 奈良の都の 八重桜
けふ九重に 匂いぬるかな

いにしえの ならのみやこの やえざくら きょうここのえに においぬるかな

歌の意味

昔の奈良の都に咲いた八重桜が、今日はこの宮中に美しく咲いています。

ある日、奈良の八重桜が宮中に献上されました。

その受け取り役をした伊勢大輔が、「歌を詠め」と言われて、その場で詠んだ歌だそうです。

その場で詠んだ歌が、あまりに素晴らしかったので、周りにいた人たちはとても感心し、感動したそうです。

対 比

「いにしへ(むかし)」と「けふ(今日)」

「八重」と「九重」

「九重」には「皇居」の意味と「たくさん」の意味があります。

このときの皇居は京都なので、「いにしへの都=奈良」と「けふの都=京都」の対比もかくれています。

伊勢大輔

「いせのおおすけ」「いせのたいふ」と読みます。

紫式部と同じ職場の後輩です。

どういう職場かというと、藤原彰子(ふじわらのしょうし)という日本史上ナンバーワンと言ってもいいお姫様にお仕えして、身の回りのお世話をする職場です。

藤原彰子は、天皇の子を生み、皇后さまになります。

この藤原彰子がかかえていた女房(世話係)がすごい人ばかりです。

和泉式部(いずみしきぶ)=この時代の代表的歌人

紫式部(むらさきしきぶ)=源氏物語の作者

赤染衛門(あかぞめえもん)=栄花物語の作者

大弐三位(だいにのさんみ)=紫式部の娘で歌人

こんなすごい人たちの職場にいた伊勢大輔もすばらしい歌詠みで、勅撰和歌集には51首の歌が選ばれています。

 

 

おすすめ記事