歌と読み方
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ
はげしかれとは 祈らぬものを
うかりける ひとをはつせの やまおろしよ はげしかれとは いのらぬものを

歌の意味

あの方が、私に想いをよせてくれるように(初瀬の観音様)にお祈りしたというのに、初瀬の山おろしの風のようにより激しく冷たくなるなんてあんまりでございます。

「はげしかれとは祈らぬものを」

意味は「はげしくなってくれと祈ったのではないのに」です。

初瀬山のお寺の観音様に、ある女の人がお祈りしました。

自分が思いを寄せる「あの人」が自分を想ってくれるようにお祈りしたのです。

しかし、実際には恋はかないません

「初瀬の山から吹いてくる山おろし」

のように、相手の態度はますます「冷たいもの」に感じられてしまいます。

祈りが叶わなずに恋心だけがつのってゆく心が描かれています。

 

もちろん、作者の俊頼の心情を詠んだものではありません。

「祈れども逢わざる恋」という題に合わせて詠んだ歌です。

 

ところで、この歌の作者の源俊頼は超有名な歌人ですので、その業績を紹介します。

 

源俊頼

有名な本

『俊頼髄脳』という歌論書を書いています。

もともとは俊頼が自分の子供のために書いた、和歌の教科書のような本でした。

しかし、内容が素晴らしいものでした。

「普通ではなかなか思いつかないような発想をつなげて、華やかに歌を作るのがよい」

という、当時としては新しい考え方を和歌に取り入れて、後の時代にも影響を与えました。

金葉和歌集

そして、源俊頼といえば『金葉和歌集(きんようわかしゅう)』の編纂者(へんさんしゃ)です。

略して『金葉集』とも言います。

編纂者というのは、分かりやすく言うと編集長みたいなものです。

この和歌集の責任者です。

しかも、『金葉和歌集』は勅撰和歌集といって、天皇の命(勅命〔ちょくめい〕)によって作られる和歌集です。

言ってみれば国家事業です。

『金葉和歌集』は、5番目の勅撰和歌集です。

その責任者に指名された源俊頼はすごい人だったのですね。

【五色百人一首大会公式認定札】五色百人一首 スタートキット <読み札+取り札>

おすすめ記事