八代集(はちだいしゅう)

全部で21ある勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)の最初の8つを指します。

勅撰和歌集とは、天皇や上皇の命により編纂(へんさん)された和歌集です。

下の表の中で「〇〇院」とあるのは、上皇のことです。

古今和歌集(こきんわかしゅう)

成立:905年

勅命:醍醐天皇(だいごてんのう)

選者:紀貫之(きのつらゆき)・紀友則(きのとものり)・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・壬生忠岑(みぶのただみね)

後撰和歌集(ごせんわかしゅう)

成立:957  

勅命:村上天皇(むらかみてんのう)

選者:大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)・清原元輔(きよはらのもとすけ)・源順(みなもとのしたごう)など

拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)

成立:1005

勅命:花山院(かさんいん)

選者:花山院・藤原公任(ふじわらのきんとう)

後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)

成立:1086

勅命:白河天皇(しらかわてんのう)

選者:藤原通俊(ふじわらのみちとし)

金葉和歌集(きんようわかしゅう)

成立:1126

勅命:白河院(しらかわいん)

選者:源俊頼(みなもとのとしより)

詞華和歌集

成立:1151

勅命:崇徳院(すとくいん)

選者:藤原顕輔(ふじわらのあきすけ)

千載和歌集(せんざいわかしゅう)

成立:1188

勅命:後白河院(ごしらかわいん)

選者:藤原俊成(ふじわらのとしなり)

新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)

成立:1205

勅命:後鳥羽院(ごとばいん)

選者:源通具(みなもとのみちとも)・藤原有家(ふじわらのありいえ)・藤原定家(ふじわらのさだいえ)・藤原家隆(ふじわらのいえたか)・寂蓮法師(じゃくれんほうし)など

三大集

万葉集

古今和歌集

新古今和歌集

三代集

勅撰和歌集の最初の3つの和歌集

古今和歌集

後撰和歌集

拾遺和歌集

 

 

おすすめ記事