栄一カエル

科学は年々進歩(しんぽ)しています。

では、道徳はどうでしょう。
科学のように進歩(しんぽ)しているでしょうか。

道徳が進歩するってどういうことですか?

そうだよ、道徳ってずっと昔からなんとなくあるものじゃないの?

栄一カエル

昔々から、人間はずっと「ああでもない、こうでもない」「こうすべきだ、ああすべきだ」といろいろ意見を出して、世の中を良い方へ動かそうと努力をしてきました。

努力のやり方は、時代や国によってちがいます。
また、同じ時代の同じ国の中であっても、考え方や立場のちがいで道徳は変わります。

そういえば、ぼくのお兄ちゃんの学校は、校則が最近
変わったって言ってたよ。

道徳「明るく元気に」だけだったらいいな。

それおもしろい。明るく元気な大人って少ない気がするよね。

栄一カエル
そうですね。大人の人たちも大変ですからね。
それはさておき、
ある時代ではみんなで常識として納得(なっとく)していたマナーやルールも、数十年、数百年と時がたてばいつの間にか時代に合わなくなるものです。みんなの幸せのために、守るべきルールも作っては改めをくりかえして、時代に合わせて変化(へんか)させてきました。

その一方で、『仁(じん)=ものごとを健(すこ)やかに育(はぐく)む』『義(ぎ)=みんなのためを考える』といった、社会正義(しゃかいせいぎ)のために大切な道徳はあまり変わっていないようです。

おすすめ記事