「志」「こころざし」と読みます。自分の信念(しんねん)にもとづく人生の目的のことを言います。

今回は、この「志(こころざし)」がテーマになっています。

どんなお話をしているのでしょうか。

栄一カエル
わたしたち凡人(ぼんじん)は
社会の雰囲気(ふんいき)に流されたり、
世間に乗せられたり、
事情に縛(しば)られたりと

してはいけない選択(せんたく)やうかつな志(こころざし)をたてたりするものです。

栄一さんも凡人(ぼんじん)ですか?

栄一カエル
私にも若いころはあったんです。
ここからは自分の反省(はんせい)や経験(けいけん)も踏まえての深い話です。

〈大きな志を立てる〉

栄一カエル
大きな志(こころざし)は、よくよく考えて立てましょう。

【図1:大きな志(タップで拡大)】

 

 

〈小さな志を立てる〉

【図2:小さな志(タップで拡大)】

〈注意すべきこと〉

大体わかったけど。何か注意点はありますか?

栄一カエル
あるよ。
一生を通じて「小さな志」は「大きな志」からはみ出さないように工夫(くふう)するということですね。

栄一カエル
「小さな志」はつねに移(うつ)り変わっていくものです。
その移り変わりやすい「小さな志」のせいで、「大きな志」がじゃまされては意味がありません。
志を立てるなら
自分のことをよく知り、自分の得意なことや環境も考え、ふさわしい方針を決定せよ。

孔子(こうし)
ところで、私は『論語(ろんご)』の中で、志(こころざし)について、つぎのように述(の)べています。

【図3:『論語(ろんご)』に書かれていること(タップで拡大)】

 

 

 

 

(つづく)

 

 

おすすめ記事