〈適材適所(てきざいてきしょ)はむずかしい〉

※適材適所(てきざいてきしょ)…人の能力・特色などを考えて、ふさわしい地位や仕事につけること。

世の中の社長や上司は、いつも誰にどんな仕事をまかせるかで悩んでいます。

社長1
この仕事に向いている人は誰かなぁ……

社長2
彼ならもっと大きな仕事ができるかもしれないなぁ……

社長3
どいつもこいつも役に立たないなぁ……

権力者がよく使う適材適所

まじめに適材適所(てきざいてきしょ)を考える人たちがいる一方で、自分の権力のために適材適所(てきざいてきしょ)を利用する人たちもいます。

これを、もっとも上手くやった歴史上の人物が徳川家康です。

栄一カエル
政界、財界における自分の勢力拡大のためのよくある手段だね。
しかし、こんなことは私の学ぶとことではない!!!
適材適所の観点では徳川家康とも自分は違う。
次に私の信念を述べる。

〈渋沢の信念〉

栄一カエル
自分の部下、一緒に仕事をしてくれる人にたいして、以下のことは守るべきです。
部下であろうとも、人は平等なのですから。

悪だくみに巻き込んでその人に汚点(おてん)をつけない。

・いくらかわいい部下でも、いつかは自分の手元から出し、自由にしてあげなくてはならない。

・その人がどんな分野のどんな仕事で活動するかは、その人の自由でなければならない。

・人は平等であり、しかもその平等はケジメや礼儀、譲り合いがなければならない。

 

小学生でも分かる『論語と算盤(ろんごとそろばん)』次のお話

おすすめ記事